LIFE LOBrick Smithのレゴ日記

Brick Smithの制作記

レゴでいろいろ作ってく

サボイアS.21試作戦闘飛行艇

完成しました。

f:id:brick_smith4423:20210419204802j:image

サボイアS.21試作戦闘飛行艇

映画『紅の豚』ならびにその原作漫画『飛行艇時代』に登場する架空の飛行艇であり、当作の主人公ポルコ・ロッソの愛機です。


全体の造形で特に気をつけたのはシルエットです。空を飛んでいても違和感を感じさせない綺麗なラインになるよう気をつけて制作しました。

f:id:brick_smith4423:20210613044535j:image
f:id:brick_smith4423:20210418125234j:image
f:id:brick_smith4423:20210410001022j:image
f:id:brick_smith4423:20210419205533j:image

ミニフィグとのサイズ感も良い感じです。

f:id:brick_smith4423:20210418124452j:image


また、ポッチを極力排除してモデル特有の流線を再現し、より飛行機らしくしました。

そのこだわりは裏面にも。

逆タイルパーツを使ってプレート感を排除しました。

f:id:brick_smith4423:20210407195618j:image

 

機首

f:id:brick_smith4423:20210410001046j:image

ウェッジプレートを使って赤いラインを再現。

タン色のスロープカーブパーツは上下逆さに組んでいます。

f:id:brick_smith4423:20210410001040j:image

 

エンジン

f:id:brick_smith4423:20210410001100j:image
f:id:brick_smith4423:20210418124345j:image

再現度とサイズのバランスを見ながら制作しました。結果的には主翼とのサイズ感もよく、それでいてレゴ的にデフォルメされたディテールでとても気に入っています。

 

エンジンを外すと、主翼の組み方がよく分かります。

f:id:brick_smith4423:20210409195317j:image

主翼に微妙な角度をつける組み方には苦労しました。本作で一番悩まされた部分です。最終的にテクニックプレートと1×2フック付きプレートを使って組むことで解決しました。

 

浮き

f:id:brick_smith4423:20210408183106j:image

スロープカーブパーツを2種類使用しで再現。

なるべく胴体と並行になるように取り付けました。

f:id:brick_smith4423:20210408011754j:image

 

操縦席

f:id:brick_smith4423:20210407203254j:image

メーターなども取り付けたかったのですが、スペースの都合上、操縦桿のみの再現です。

一方で操縦席前のスコープは再現しました。

f:id:brick_smith4423:20210410001119j:image


尾翼

f:id:brick_smith4423:20210613044220j:image

f:id:brick_smith4423:20210407195718j:image

イタリアの国旗カラーの尾翼。

取り付け部分まで忠実に再現し、水平尾翼はウェッジプレートで再現しました。

 

f:id:brick_smith4423:20210409200251j:image

若干胴体が太い気もしますがそこはレゴのご愛嬌、他にもレゴ的にデフォルメされた部分はありますが、とても気に入った作品になりました。

ジブリは本機以外にも、素晴らしいデザインの乗り物が多いので、いずれはそれらも制作してみたいです。